スケーリングは適切な方法で!

【Vm3ニュース】「無麻酔スケーリング問題を考える」(ファームプレス社 mVm 191号Journarl of Modern Veterinary Medicine)
 
今号の特集は「無麻酔スケーリング問題を考える」です。
日本小動物歯科研究会が2019年に会員向けに行ったアンケート調査では、無麻酔でのスケーリング処置により、「歯周病の改善がみられないもしくは悪化した」「口周囲を触らせなくなった」「口腔内粘膜などの損傷・出血」「下顎骨の骨折」「歯の破折」などの歯科領域関連だけでなく、「股関節脱臼・椎間板ヘルニア」などの歯科以外の領域でも有害事象が生じた事例が報告されているとのことです。
 
また、「デンタル用製品やその他のもので、歯の破折症例を見聞きしたり経験したことがありますか」との問いには、「ひづめ」が最も多く、次いで「アキレス腱」「鹿の角」「デンタルガム」「おもちゃ」と続くとのことです。
 
なお、来年2021年3月に日本獣医倫理研究会主催、日本小動物歯科研究会共催で「無麻酔での歯垢歯石除去による併発症とデンタルケアを目的に与えた製品の歯の併発症を考える」というテーマでシンポジウムを開催予定であるとのことです。
 
《Vm3オピニオン》
無麻酔スケーリングは動物病院でも行うところがありますが、トリミングサロンやペットショップでも行われています。
 
但し、出血を伴うような歯垢歯石除去はトリミングサロンやペットショップでは法的に認められていません。出血時の止血は医療行為と判断されるためです。

また、「歯周病の改善がみられない」や「悪化した」のは根本的な口腔内の清掃になっていなかったためと思われ、「口周囲を触らせなくなった」というのは、動物にとってとても不快な或いは痛かった記憶として残っているためであろうと思われ、今後の病気の発見の遅延にも繋がりかねません。
さらに、無理な力をかけて骨折や破折を起こしては、飼い主さんに後悔しか残りませんし、補償の問題も生じる可能性もあります。

確かに麻酔による事故も皆無ではないため、「無麻酔で」と希望される飼い主さんもいらっしゃると思いますが、そこは無麻酔処置のリスクとベネフィットを考えて、お断りになって歯科専門の動物病院の受診を勧めるべき場面もあると考えます。それは、決してご自身の技術力や経験を否定するものではありません。

また、飼い主さんが犬の歯に良かれと思って与えた「ひづめ」「アキレス腱」「鹿の角」「デンタルガム」で歯を折ってしまうことになっていることは本末転倒です。
固いものを齧らせれば、歯や顎が鍛えられると思っておられる方もいらっしゃいますが、私たち人間の歯と同様、それも限度があり、あまりにも固いものは却って害になります。
そして、この固さについてはまだ適切な製品規格ができていないと伺います。それはとても危険なことです。

獣医師向けの商業誌ですが、今号の特集は獣医師だけでなく、トリマーさんやペットショップで無麻酔スケーリングを行っておられる方々、ひづめやアキレス腱を飼い主さんに勧めておられる方々、そしてそのメーカーの方々にも是非お読みいただきたい特集だと思います。

なお、本書は以下から購入することができます。
http://www.pharm-p.com/mvm/mvm_top.html

レゴ

コロナ騒動?でホテルでお預かりのワンちゃん、猫さんがいないので、その時間を利用して、娘のレゴ 作ってみましたヾ(❀╹◡╹)ノ゙。

動物病院シリーズです。

明日から玄関でお出迎えします。

得意なポーズ

杏仁の得意なポーズ。

手が可愛い♥︎︎∗︎*゜

どうなっているのかと言うと…

こうなっています。
そのまま、また寝ます☪︎⋆。˚✩

鳩さん、ごめんなさい( ; ; )

今日は休診。空き家になっている実家の玄関の木が高くなり過ぎてしまったので切りに行きました。切る前になんか視線が・・・。

鳩さん。まさか、巣がある?

お隣の木から、ピーピー鳴く声。切ろうと思っる木から声は聞こえないないし、見ても巣は無さそう。良し、切ろう(๑・̑◡・̑๑)

木が倒れるぞ〜。

ピーピーピー、バタバタバタ!ん、マズイ!((((;゚Д゚)))))))

オイオイオイ\(//∇//)\、君、いたの〜\(//∇//)\。ごめんね、ごめんね、ごめんね\(//∇//)\

なんてことをしてしまったのか!後悔先に立たず\(//∇//)\。一羽だけかみんなで確認。産毛がぽさぽさな感じなので、近いうち巣立ちかと思うけど、本当にごめんなさい(>人<;)。娘は可愛そう可愛そうと泣きじゃくる( ; ; )

今日、明日は雨降らなさそうだけで、もしものため、とりあえず、雨を避けねば☂️

あとでまた見てきます。獣医師ともあろう私がホントになんてことを。胸が苦しい。ごめんね🙇‍♀️鳩さん。

里奈さん おつかれさまでした。

6年間勤めてくださった里奈さんがおめでた退社となりました。

このコロナの心配な中、臨月間近まで勤めてくださり、本当に感謝しております。

動物さんは当然のこと、人間にもいつも優しさをくれた里奈さん。里奈さんの笑顔で救われた飼い主様は数知れずだと思います。

無事に元気な赤ちゃんを産んでください。心より願っています。

また一緒に働ける日が来ることを心より望んでいます。

ありがとうございました。

ずっと思ってたけどあなたって不親切!って(;゚Д゚)

コロナの感染者が何人云々とのNEWSで不安な毎日を過ごし、過ごされている事と思います。来院される飼い主様との会話でも『私が感染っちゃうとこの子(動物さん)にも感染しちゃうかもしれないからすごい気をつけてる〜!』とご自分の心配よりも動物さんの心配をされるかたが多い当院♡、主人云く少しおかしいなぁ( ◠‿◠ )と感じられますが、動物さんを何より大切にされている方ばかりで嬉しいです。

そんな方ばかりの当院ですが、たまに私の許せない言葉を発される方もいらっしゃいます。忘れもしない昨年の4月、私と同年代のご夫婦のワンコの検診結果が思わしくなく色々説明していたとき『人間じゃなくて犬だから・・・』と、ものの何分の会話の中で忘れもしない3回!要は犬だから何もしないということなのですが、何もせず経過を見る場合は沢山あります。年だから、負担かけたくないから、費用もかかるから・・・。考えは沢山ありますので、何か良くて悪いかはありません。ただ一つ、獣医師である私に向かって『犬だから』はないのでしょうかね((((;゚Д゚)))))))。その犬のために全てを捧げている私はその方にとってなんなのでしょうか?

またある方、ご年齢は私の一回りぐらい上の方は病状の説明をすると必ず私にこう言われます『先生いつも一生懸命やって下さるけど、犬だからね〜(o^^o)』でも、この方、そうは言っても、目を見張るぐらいワンちゃんに対して色々しっかりされて、何より私をすごく信頼して下さっている。私いつも『またお父さん、そんな事言って〜』とお返しします。実際、積極的治療は何もしていませんが、同じ言葉でも月とスッポン。飼い主さまの人格の差を感じます。

そして、前者のご婦人、本日私に『ホントずっと思ってたけど、あなたって不親切!』って、ずっと気に入らない事があったようです・・・お互いにね・・・。診察台をボンボンボンボン叩いてお帰りになりました。ご主人が私とご縁がある方だったので、ご主人には私の力が至らなかったので申し訳なく感じていますが、ワンちゃんたちの命に関係ない事で本当に良かった(o^^o)長年の心配が解消され本当に良かった( ◠‿◠ )。スッキリです(●´ω`●)

この春で当院18年になりましたが、おかげさまで沢山の飼い主さまに大切な動物さんの健康管理を任せて頂いています。先程のご婦人と全く同様のご人格の方がかつてお一人だけいらっしゃったので9年にお一人だと思うとあと9年は嫌な思いをしなくていいかなとほくそ笑んでいます(o^^o)

コロナの自宅待機などでほんの少しの暇つぶしになるかな〜と思い、アップ致しました。

飼い主さま、動物さんのためにも、コロナに気をつけて、乗り切りましょうね(o^^o)