開院記念日(^^♪

本日、3月20日はマリア動物病院開院記念日☆彡。21年目に突入です。

あと20年頑張れるとしたらちょうど中間(^^♪折り返し地点です。

気を引き締めて、助けられる命、飼主様を救えるよう、日々精進して参ります。

よろしくお願いいたします。

虹の橋を☪︎⋆。˚✩

また大切な子が虹の橋を渡って行ってしまいました☪︎⋆。˚✩。
生後3か月から18才になるまで欠かさず、月一回は必ず会いに来てくれたマリルちゃん。私の心にポッカリ穴が空いています。
頑張って虹の橋渡って、お空で安らかにね♥︎︎∗︎*゜またね。

良いお年を

今年も残り何時間で終わろうとしています。

今年も悲しい別れがありました。残り何時間は、頑張って虹の橋を渡って行ったあの子たちを思い出す時間です。

さて、こちらも恒例行事。コンベニア牛さんたちより、コンベニア虎さんにバトンタッチです。

来年もよろしくお願いいたします。

仕事納め

今年も滞りなく診察終了致しました。

今年も色々ありました。仕事が続けていけるかどうか、眠れない日もありましたが、結果、毎日生き生きと診察に打ち込める環境になりました。

これも全て、スタッフと信頼して来院してくださる患者さまのお陰と心より感謝しています。

来年もスタッフと力を合わせて頑張ります。

共感疲労

共感疲労なんて言葉!初めて聞きましたが、年齢行くにつれていつまで

『この仕事続けていけるかな(;・∀・)?』・・・と悩む根源はここに在りきです。

ずーっと診させていただいている動物さんが亡くなったり、付き合いの長い飼い主様が悲しんでいられるのを見るのがとにかく辛い。力を尽くしたつもりだけど、本当に尽くしたか?と自分を責め続ける日々・・・。

私たちの仕事は全力を尽くすだけでなく、結果を出さなくてはいけない。

しかし、病院にやってくる動物さんは病気ばかりでなく、動物さんはとにかく可愛い(⋈◍>◡<◍)。✧♡

考えても考えても答えは出ず、息抜きはZUMBAかな(^_-)-☆

懸賞に♥︎︎∗︎*゜

また当たった╰(✿´⌣✿)╯♡。

何年か前は『虹の橋』、今回は『人とペットの赤い糸』。

こういう系はよく当たる(๑´ڡ๑)。

主人曰く、他誰も応募しないんじゃないの(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾


仕事前には読めないと思うから(メイクが…)今夜読もう!

そらちゃん 安らかに

また大切な子がお空に行ってしまいました。つい先日までお預かりで楽しませてくれていたのに、本当に悲しく寂しいです。飼い主さまからの温かいメッセージ。最近色々あって、私、こんな温かい言葉をかけていただける人間なんだろうか?と自己嫌悪に落ち入ります。
でも付箋なんてそらちゃんのママらしい(о´∀`о)。いつまでも忘れません。たくさんの思い出ありがとう😹

ペットホテル🐶🐱

昨日から3匹のわんちゃんねこちゃんがホテルに来てくれています😊

同じお家の猫ちゃん、リズちゃん(上)とリリーちゃん(下)です🐱💓

トイプードルのなるとくんです🐶💓

みんなとっても可愛くてスタッフみんな仕事の合間に癒されています🥰

猫待合でねこちゃんのための音楽CDを流しています。

作曲したのは、ワシントン・ナショナル交響楽団などで活躍したチェリスト、デヴィッド・タイ氏。なんでも、動物学の研究者と一緒に、その聴覚を研究しながら曲作りをしたそうです。

彼らが発見したのは、動物の種別ごとに音の好みがある、ということ。また、人間は胎内で聞こえてくる音や生まれたばかりの頃に聞いていた音に安心するのですが、猫は胎内では音を知覚せず、生まれた後にはじめて聴覚が発達するという理論でした。

「Music for Cats」も、この理論をもとに作曲されたもの。子猫がおっぱいを飲むときの音や親猫の声などを楽器で表現し、その音を組み込むことで、猫がリラックスして聴ける音楽に仕上げているのです。

アルバムに収録されているのは、全5曲。01. ロロの空間 / Lolo’s Air02. ケイティ・モスのキャットウォーク / Katey Moss Catwalk03. タイガーリリとミミのミャウジカル / Tigerlili And Mimi’s Mewsical04. スクーター・ベレのアリア / Scooter Bere’s Aria05. サイモン・セッズ / Simon Says